2020年1月3日金曜日

what ?

「おさんぽきのこ」(1,600円+税)

「おさんぽきのこ」

「おさんぽきのこ」を購入してから

自身の菌世界は広がりました

心酔する

菌世界のスパースター

きのこの永ちゃん

しもじ様こと石塚倉譆殿は

著書おさんぽきのこの中で

きのこ〇〇〇〇〇〇の茎を乾燥して

網で炙り焼くとスルメ風との記載がございます

(「おさんぽきのこ」93頁左下)


左 豊丘松茸の乾燥松茸 左から2番 スルメ  左から3 乾燥香茸 右 乾燥薬草センブリ

憧れの菌界御師匠のありがたい教えに

いつかはトライと思いながら月日は流れ

昨年 7本のカラカサタケの茎乾燥物が仕上がりましたので

手持ちの縁起の良い乾燥物と共に撮りました

2018年度産豊丘松茸乾燥松茸

2018年度産飯田産乾燥香茸


2019年度産 地元産カラカサタケの茎乾燥物

そんなこんなで

実践を試みる時期が訪れましたので

近々 ふきのとうが採れましたら

ふきのとうの天ぷらと共に

珍味 ? 茎干しを炙り

一杯の予定でおります