2016年9月7日水曜日

カラカサタケ


朝一出会いの今日の菌太郎は

まだ傘が開いてませんが 茸高30センチ位の唐傘茸

傘は開くとCDより一回り位大きなサイズになるBIG菌

カラカサタケが全国区名ですが 「ニギリタケ」握り茸と呼ぶ方も比較的多いです

名前の通り傘部を握りしめても 元に戻ります 他の茸でしたらそうはいきませんが

それが特徴のきのこで 食べられるきのこです 味にクセは無く可食に向くと思います

きのこの永ちゃんは ご自身の書籍の中で 傘はバター炒めにして 

何と

柄部を乾燥させて 焼いて食うと・・・ スルメのような食感と旨味ありと書かれております

今シーズンはトライしてみたいと思っております。


えー 本来 この時期の更新でしたら

何と言うか 本筋の話題から入るべきなのですが

山中は乾燥状態が続き

他菌に会う事が許されない今シーズンに不安を感じながらの入山が続いておりますが

ラッキーな話題を近々に更新できたら なっ と ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿