2016年10月31日月曜日

ありがとうございました。

今シーズン

大変お世話になりました 

ありがとうございました。

至らない点も多々ありました

ご迷惑もおかけいたしました

天然素材に恵まれて

お客様に恵まれて

助けて頂き 

教えて下さり 感謝です

来シーズンも何卒宜しくお願い申し上げます。

                        see you again 


2016年10月27日木曜日

霜越(しもこし)も採れました

松茸・しもこし・霜降り・黄シメジ
小春日和の今日  

きのこ採りにも最高のお天気です

会えたきのこは 

キシメジ科4菌

マツタケ・シモコシ・シモフリシメジ・キシメジ

画像では区別出来ないほど似ていますが 

シモコシは苦味がありません

旨味が人気の天然茸

豊富に出会えていた種類も 

一菌一菌 消える山中

2016年10月26日水曜日

シモフリシメジ


シモフリシメジ発生

霜の季節のきのこ

食べた人が口をそろえて

旨い ! と言うきのこ

シモフリシメジに会えたから 

フィナーレも近いです・・・

2016年10月15日土曜日

クリフウセンタケ


クリフウセンタケ

信州では「しばかぶり」とも呼ばれています

呼び名通り 柴に埋もれている場合が多いです

鍋物・すき焼き等に たっぷり入れます

美味しさで言うと

シモフリシメジ級

おいしいきのこです

ただ

もろいので・・・

2016年10月12日水曜日

コロ吉だけなのですか ?


過去のブログ画像は

コロ吉主役でしたね

量は少ないですが

採れています

100g超えのつぼみです


今シーズンの一番BIG

中つぼみ200g超え

直送後直ちに

HPに更新アップした画像です


200g超えのひらき松茸も

今シーズン直送させて頂きました



今シーズンは

他県の豊作報道を横目に

ご予約時の規格変更お願い

規格によりキャンセルお願い等

ご迷惑をおかけして申し訳ございません

誠に申し訳ございません

ウラベニホテイシメジ
今日の山中は

ウラベニ咲いてました

この寒さキツイと思われますが

良く咲いてくれました

出会うのが楽しみなウラベニ

次 会えるのは 29年の秋かな

2016年10月9日日曜日

こうたけ咲いた咲いた


満開に咲いてくれました

コウタケ おかげさまで 

ご予約を下さいました全てのお客様に

お届出来ます!





今日は こちら


オニイグチにも会えました

煮物にすると旨いとか・・・

そっと咲いてるこのきのこ撮りました

こう言う

さりげなく 目立たないように咲く

きのこ好きです

2016年10月2日日曜日

毎日見てたのに


香茸 ここまで大きくなるまで なんで ?

ここらは毎日毎日探して歩き回っていたのに ?

恐縮です 事の他スローに徐々にですが

松茸プレミアムクラスも採れ始めました

つぼみ特大大形中形も発送始まりました

2016年9月26日月曜日

今朝の山中

爆発信じて待ってます


発送中ですが遅れております

お届けまで今しばらくお待ちいただきます

誠に恐縮です何卒宜しくお願い申し上げます

2016年9月22日木曜日

冷たいべ


今朝は雨降り寒く 暗く

フラッシュ撮りでした

雨に耐えてる松茸の幼菌


こちらも 耐える さくらしめじ

2016年9月19日月曜日

全員集合 ?


雨様の恩恵です

香茸にも会えました 

今シーズン初めて主力メンバー菌ズが揃い

恐縮です相棒のガラケーも記念撮影に参加です


コウタケ・アミタケ

サクラシメジ・ショウゲンジ

マツタケ・ウラベニホテイシメジ

クロカワ は ? 恐縮です

昨年比 大幅に遅れております 

お届

今しばらくお待ちいただきます

何卒宜しくお願い申し上げます。

2016年9月18日日曜日

灰神楽天狗茸(ハイカグラテングタケ)


この容姿のきのこが

食べられる事を教えてくれたのは

きのこの永ちゃん

しもじさんの

著書「おさんぽきのこ」です


柄元の10㎝位が地中なので

掘出して

収穫

グレーの粉が手にも付く


傘の頂部付近に

特徴の一つ

香茸のようなササクレが


傘ウラは真っ白

ホワイトカラー


食べる気は無く

採る対象で無かったキノコが・・・


無塩バターで

こんがりと・・・

うまいし !


触らんな 食べないな 一生 

そう思っていた灰神楽天狗茸

食べたら

うまいし !

食べなきゃ!

採らせて下さい!

きのこの永ちゃんのおかげです !

2016年9月14日水曜日

今日も山の中


雨様のおかげで山地は良いお湿りになりました

早速に サクラシメジが走り 


ウラベニホテイシメジも走り

三連休には JA・道の駅・農産物の直売所に

天然きのこデビューでしょうか ?

2016年9月7日水曜日

カラカサタケ


朝一

傘が開いてません30センチ位の唐傘茸

傘は開くとCDより一回り位大きなサイズに

カラカサタケが全国区名ですが

「ニギリタケ」握り茸と呼ぶ方も多いです

名前の通り傘部を握りしめても元に戻ります

味にクセは無く可食菌

私が尊敬する

菌世界のヒーロー

きのこの永ちゃんは

ご自身の書籍

「おさんぽきのこ」内に

傘はバター炒めにして 

柄部は乾燥させて焼いて食うと・・・ 

スルメのような食感と旨味

そう記されております

トライしたいです