2018年11月2日金曜日

シーズン〆は四本の松茸

この動画は もしかして これが今季のラスト松茸・・・

そう言う思いで 採り 撮ったです

三本から始まった今シーズンの松茸も

シーズのしめ 松茸四本で終了

振り返りますと

香茸の初収穫 初発送は 私の誕生日

長年にわたり御利用下さるお客様のお手元に

昨年との違いを感じられた瞬間です

香茸は豊作を通り越して 

いたるところに咲いてくれました

松茸は「豊」冠がつく 豊作でした

通販限定の松茸通販も 

はや 今季で9年目

自身の松茸収穫量も過去最高

昨年お届出来なかったにもかかわらず

今シーズンもチャンスを下さいましたお客様

新たにご利用くださいましたお客様

誠にありがとうございました。

良い事だけでフィナーレなら 良いのですが

ショウゲンジ(つぼみ限定品)

ショウゲンジと言うきのこが

こんなにも極端に

採れない事がある等と

片隅にも無く 

自然を再認識できたシーズンです

つぼみに限りお届出来ませんでした

大変申し訳なく思っております


短期間ですが 悲喜交々

良いばかりではないですね

自然におんぶにだっこ 全てに感謝です

つたないブログにお付き合いしていただき

ありがとうございました

2019年 天然茸に会えた時

更新いたします

その時は 

何卒宜しくお願い申し上げます

四本の松茸






2018年10月30日火曜日

採れなかった きのこ

クリフウセンタケ

この 旨いきのこが採れなかった

結局 今年はクリフウセンは撮っただけ

腰籠には松茸が 背の籠には香茸が溢れ

左手の袋には松茸 右手の袋にはクロカワ

ヨタヨタフラフラで車までたどり着いていた頃

撮るだけで一杯一杯

このクリフウセンを採っても100グラムまでは無かったですが

松茸と香茸で私の背負える限界は超えており

両手の袋も余裕なし

表面張力状態

この100グラムに満たないであろうクリフウセンを

採り入れたなら

一休みしているこの場から

おそらく 立てない 

今シーズンの このころは そんな状況でした

2018年10月29日月曜日

思えば 爆発

今シーズンを振り返る余裕が出来た昨今

夏山の茸は タマゴタケの豊富な発生

チチタケの過去に無いほどの不発状況と

極端でした

チチ茸があれほど見えないシーズンは記憶にも無く

この時の自分は

秋のきのこ達に

不発生の連鎖がなければいいと

何とも言えない不安を感じていたです




2018年10月23日火曜日

乾燥松茸一本作り一本管理

山から運び 割き干しに

魅力は一本作りの 一本管理

戻すと 元の一本松茸に完全復元

おめでたい縁起物の国産松茸

祝いの御膳 お節料理におすすめです

2018年10月21日日曜日

空飛ぶ乾燥香茸

香茸の割き干し 田舎干しの乾燥香茸が仕上がりました

今シーズンの初干し初荷はイギリスに行けます

香茸は英語でkokinokoだとか

GODZILLA でいいんでないかな

2018年10月12日金曜日

天然シメジ

これは一週間ほど前の発生初期の幼菌です
香茸・松茸に続いて今年の表当たり作のシメジ
今が旬のきのこです
天然しめじのすき焼きは・・・